企業向けグループ研修プログラム
cocokuriでは、企業様のニーズに合わせたマインドフルネスプログラムをご提供しています。
日本のビジネスパーソンに最適化。
目的志向のマインドフルネスプログラム。

アメリカのグローバル企業で採用されている、ビジネスパフォーマンス向上のためのマインドフルネスを、日本人の価値観、企業文化、ビジネス環境に合わせて最適化し開発されたのがcocokuriのマインドフルネスプログラムです。社員のストレスマネジメント、業務効率化のアップ、モチベーションの向上、コミュニケーション力の改善、イノベーション思考力の向上といった課題に有効なソリューションとして「こころのスキルアップ」をご提供いたします。
新入社員研修やリーダーシップ研修、エグゼクティブ向けトレーニングなど、研修内容は受講者や目的に合わせてご提供いたします。

img.jpg img-sp.jpg
メニュー
金額・期間等の詳細につきましては、法人向け窓口までお問い合わせください。
希望人数や会場の手配を含めてご対応いたします。
お問い合わせはこちら
JINS MEME(ジンズ・ミーム)による集中力測定
  • 集中力計測アプリ
    JINS MEME OFFICE
  • 瞑想トレーニングアプリ
    JINS MEME ZEN

本プログラムでは、最新のIoTデバイスJINS MEMEとの提携によりこれまで難しかった「集中力」の測定・可視化を実現しました。JINS MEMEとアプリの連動により、受講中はもちろん受講後も集中力を継続的に計測・確認することが可能となります。集中の計測については、講座内でも解説いたします。
※受講時にはJINS MEMEを使用するためのスマートフォン端末が必要となります。
・スマートフォン端末は、受講者ご自身でご利用いただく必要がございます。
・2017年1月現在対応OSは、iOSのみとなります。Androidへの対応は、2017年3月からの予定です。Androidについては対応端末が限定されます。お申込み時にご確認ください。
・本プログラムで購入いただいたJINS MEMEは、度の入っていない状態でお引渡しとなりますが、お引渡し後、最寄りのJINS MEME取扱店舗に商品をお持ちいただければ、度付きレンズに変更(追加料金)することが可能です。店舗情報はこちらをご覧ください。

習慣化のための受講後サポート

本講座は、受講者の皆様の「マインドフルネスの習慣化」をサポートするため、SNSの受講者コミュニティの運営など様々なメニューをご用意しています。ぜひ、楽しみにながらマインドフル イン ライフを実現しましょう。

導入実績
case_01.jpg
株式会社インフォバーン
アカウントプランニング部門 部門長 執行役員
田中準也様
テクノロジーが進化することで、我々広告業界の仕事には、「質」と「量」という本来あい対するものが同時に求められるようになっています。そのような環境では、いかに集中して、効率よく仕事をしていくかが大切です。今回の講座では、その肝となる集中力の高め方について、学ぶことができました。また集中してひとつのことに向き合うことがいかに重要か、について、あらためて多くの気づきがありました。

研修の後半では、目の前の目的や目標だけではなくそのひとつ上、ふたつ上の階層にあるものは何かを見つけるというワークがありましたが、これにとても意義を感じました。我々の業界はとにかくスピードが求められますので、ついつい目の前の仕事や締切ばかりに意識を奪われがちです。そんな中でも大元のビジョンが何かをきちんと把握できていれば、皆、心が折れることなく日々集中できるのではないでしょうか。
case_02.jpg
WEBディレクター
シゲモト様
今の世の中には、無数の情報が溢れています。それはもう人間の処理能力の限界を超えていて、すべての情報にアクセスするのは到底無理です。でもついつい「全部うけとめなければ」と思ってしまう。その気持ちが、目の前のことへの集中を阻害しているのでしょう。この講座を通して、そんな時代だからこそ情報はきちんと取捨選択し、ひとつのことに集中するのが大事なのでは、という考えに至ることができました。
case_03.jpg
メディアプランナー
マツモト様
私たちが手掛けるメディアは、その効果や結果が数字で明確に出てきます。そうすると、自ずと数字を追いかけなければいけない。そればかりが気になり、精神的にも追われ、体調不良になる同業者をたくさん見てきました。そういう環境であることを理解した上で、会社がこのような学びの機会を設けてくれたことが、とても嬉しいですね。忠誠心というと大げさですが、ますます自社のファンになれた気がします。
case_04.jpg
メディアプランナー
ミウラ様
照明を落として目を閉じて…という瞑想は、映画館で映画を見ているのと似ている感じがしました。真っ暗な中、スマホなどのデジタルデバイスにもアクセスしないで映画を見ているとき、とても集中していると思います。でも他の場所、状況で見ると、集中度合が全然違う。それだけ私たちの生活は、とにかく雑念や雑音が多いんだと思います。だからこそ、ふとした時に「自分」に立ち返る場所や時間がとても大切なんだなと思いました。この講座からはそれを学ぶことが出来ました。
case_05.jpg
営業職
ヤマダ様
私は新卒で入社し、まだ1年目です。社会人になったばかりで、また実は東京での生活も初めて。外部からの刺激が多く、心が落ち着かなくてもやもやしていた部分がありました。今日の講座は、そんな自分の状況を言語化してくれました、しかもとてもわかりやすい言葉で。自分を言語化してきちんと認識することで、目標や目的を「直近のもの」と「将来のもの」で分け、タイムテーブルを組んでいくことが大切だとわかりました。
SNSのアカウントを使ってログイン
メールアドレスからアカウントを作成
cocokuriのアカウントはお持ちですか?