5つの特徴
01
日本のビジネスパーソン向けに開発した オリジナルプログラム
マインドフルネスのルーツ、八正道を活用。
八正道は、2500年の歴史を誇る仏教の智慧の結晶で、心を調え、心をつくるための理論と実践方法が凝縮されています。マインドフルネスは、八正道の一つ「正念」にあたります。 cocokuriでは、八正道を現代のビジネスパーソン向けに再解釈し、「こころのスキルアップ」のベースとしています。また、この八正道は、日本人の価値観、教育に大きく影響を与えています。本プログラムは、国民性や文化が異なるアメリカのマインドフルネスプログラムと比べ、より日本にフィットしたプログラムになっています。
02
人間力の向上を目指したプログラム
マインドフルネスには、人間力の向上、共感力の向上、幸福感の向上、免疫力の向上、ストレス耐性の強化など、多岐にわたる効果が認められています。これらの要素の中から、ビジネスパーソンの中でもっとも重要と考える人間力の向上を土台に開発したのがcocokuriのプログラムです。
集中力を身につける
こころのスキルアップの土台
・集中力とは何か?
・マインドフルネス瞑想の実践
・習慣化の技術について
・JINS MEMEによる集中力測定
こころを強める
-心的耐久力-
やりぬく力と折れない心
・心的耐久力とは何か?
・しなやかで折れない心を作る
・「使命感」で良い動機を持つ
・「やり抜く力」で動機を維持

こころを高める
-社会的知力-
人と社会を思いやる力
・社会的知力とは何か?
・社会的知力と集中力の関係性
・思いやりを阻害する”思考のクセ”
・慈悲の瞑想

こころを広める
-創造的知力-
イノベーション思考力
・創造的知力とは何か?
・創造性を阻害する”思い込み”
・先入観のない見方
・アイデアソン演習
 
03
習慣化による「マインドフル イン
ライフ」を研修ゴールに設定
習慣化をサポート
受講開始から8週間にわたり、コーチが「マインドフル イン ライフ」の習慣化をサポートします。マインドフルネス瞑想を日常化させ、学ぶだけに終わらない、「こころのスキルアップ」を実現します。
features_03.png
04
マインドフル イン ライフを実践する
僧侶コーチを採用
実践者ならではの指導
マインドフルネスを習慣化している僧侶がコーチとして指導します。実践者だからこそ伝えられる様々な“コツ”が、初心者の気づきを後押しします。座学だけではなく、マインドフルネス瞑想の実践やグループワークを取り入れ、体感を伴った“身につく”プログラムです。
私たち僧侶が、マインンドフル イン ライフをサポートします。
井上広法
マスターコーチ
マインドフルネスは仏教の八正道にそのルーツがあります。八正道にはほかにも7つの素晴らしい要素があります。 例えば、先入観のない見方、やり抜く力、折れない心、思いやりの心などどれも現代人にとって欠かせない必須のスキルです。 これらのスキルは、習慣化して初めて手に入れることができます。善因善果というように、いい習慣がいい結果を生み、継続的に続ける習慣が大切な鍵となります。 cocokuriでは、これらの伝統的な方法を理論的に知り尽くし、実践する僧侶たちがコーチを行います。
あなたのマインドフル イン ライフを着実にサポートするために。
05
最新のIoTデバイスによる効果測定
瞑想を点数化する
JINS MEMEによる瞑想の点数化
集中度を測定できる眼鏡「JINS MEME」。この最新のIoTデバイスを用いることで「集中力」を測定・可視化します。また、瞑想の点数化も実施できる、新しい体験です。
top